作品紹介 001 小説『亜由美』第一部


 
表紙イメージをクリックするとDLSiteへ。


DMMからのダウンロードはこちら


おためし

 あんぷらぐど著、荒縄工房刊の第一弾です。

目次
運命の再会 3
お祝いの夜 20
喪失と崩壊 56
百均の苦痛 113
亜由美の会 159
肉袋の悲哀 186
徹夜の訓練 213
漆黒の刻印 237
二つの風船 261
ビールの味 281
発熱の地獄 307
逃避する脳 340
不安な休日 370
ゲーム作り 399
総会の決定 429
付録 466
奥付 474

 無料のSM小説ブログ「荒縄工房」に掲載された、あんぷらぐど著「小説『亜由美』第一部」を加筆修正して完成させた作品です。

 女子大生・亜由美が兄の友人である剛介に調教されていきます。本当に望んでいたものは、これなのか。亜由美は自らのマゾ願望に従って、剛介に命じられるままに深みへとはまっていきます。
 剛介と再会した亜由美が、校内の古い校舎で処女を奪われ、目撃していた警備員にも犯されます。居酒屋で異物挿入、「亜由美の会」という組織が作られ、会員に男子トイレで、さらに百円ショップで集めた道具でアナルを開発されていきます。体に落書きをされ、アダルトショップで器具を試され、空気浣腸、ビール浣腸をされながら商店街を歩かされます。高熱を出しても氷浣腸で責められ、その間も「亜由美の会」の会員に輪姦され続けます。やがて会員たちが実写版のゲーム化を企画。その総会で亜由美は自ら体をゆだねる決意をします。

 

 主な責め
 処女喪失、貸出、異物挿入、針、浣腸、アナル拡張、体に落書き、空気浣腸、ビール浣腸、露出調教、氷浣腸、輪姦

 初出 ブログ版 第一部はダイジェストのみとなっています。

 なお、こちらには、亜由美の偽日記が掲載されています。

著者からのメッセージ

 この作品は、ブログに連載することを前提に発想したものです。
 最初にあったのは、大学生になる以前に、兄の友人である剛介と、すでに出会っていて、特別なものをお互いに感じていた、という設定でした。ブログに最初に書いたときは、回想としてその部分があったのですが、昨今の事情によって18歳未満についての扱いが難しくなったことから、最終的にこの部分はよく読めばほのかに想像できる程度になってしまいました。
 しかし、この本の本筋はそこではなく、亜由美は自ら剛介に調教されることを望み、これが自分の望んでいたことだと理解していく過程にあります。剛介は亜由美を愛しています。ただ彼の愛はちょっと捻れてします。対象である亜由美をとことんいたぶり、おとしめること。それが彼の愛なのです。亜由美はそのことを知っていて、多くの男たちに体を任せながら、プラトニックに剛介を求めていきます。
「亜由美の会」という、一種のファンクラブを組織し、その会員全員と肉体的な関係を持つことを、義務付けられていきます。
 そして、最後には、亜由美自身が出演するゲームの制作を決意します。亜由美はそのゲームですべてをさらすだけではなく、新たな調教を自ら受けることを約束するのです。
 もちろん、亜由美が拒否すれば、すべてはそこで終わりとなります。剛介も含めて、彼女から去っていくでしょう。亜由美は、すべてを受け入れるか、すべてを拒否するか。どちらかしかないのです。
 亜由美が、じわじわと追い詰められ、はまりこんでいく様子を、お楽しみください。

●荒縄工房の作品はこちらでダウンロードできます●
DLサイト
DMM
アマゾンKindleストア
※ダウンロードサイトによって、作品数などに違いがあります。ご容赦ください。

 なお、ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

inserted by FC2 system